メンズ眉サロンでちょいダサ夫をイケダンに変えたい妻に向けたサイト

就活時におすすめの眉デザイン

就職活動を迎えるにあたって、身だしなみを整える方は多いでしょう。わずかな時間でアピールしなければならない就活において、身だしなみはその人の第一印象を決定し、面接のときにも重視されるポイントになります。

ただ、スーツや靴、髪型や髭などをしっかり整えたとしても、意外に眉毛は見落としがち。ここでは、就活時におすすめな眉毛のお手入れについて紹介していきます。
就職活動を控えている学生の方や転職活動中の方など、男性必見です。

就活で好印象を与える眉デザイン

ストレート

ストレートな眉毛は相手にピシッとした印象を与えるだけでなく、清潔感もあります。眉尻まで太さをキープすることで、男性らしい凛々しさもアピールできます。
また、目力アップ効果もあり、頼もしく誠実な印象を与えてくれることも特徴の一つ。
営業系やサービス業系など、人と接する仕事をお考えの方におすすめです。

ナチュラル

ナチュラル系の眉毛は、元々の眉毛の形を活かした自然な仕上がりが特徴。清潔感とともに相手に優しい印象を与えます。向いている業種としては、製造関連や研究・開発系など。実直な印象が受ける職業におすすめだと言えます。

アーチ

アーチ形の眉は、相手に柔らかい印象を与えます。接客業に携わる方にもおすすめですが、緊張すると顔が強張り、相手に固い印象を与えてしまうとお悩みの方にもおすすめです。アーチ形の眉毛にすることで、相手に与える印象を柔らかくでき、好印象を獲得できるようになるかもしれません。

まっすぐ長め

細くて長いシャープな形は、相手に知的で聡明な印象を与えます。数字やシステムを扱うような仕事をされる方にはおすすめだと言えるでしょう。クリエイティブ系やIT、事務系、金融関係の仕事をされる方はこれらに当てはまるため、切れ長の眉で聡明さを演出してみてはいかがでしょうか。

困ったらプロに任せる!

眉毛にもさまざまなタイプがあり、職種によってそれぞれ向いている眉の形が違うことがお分かりいただけましたでしょうか。
ただ、形の方向性を決めたとしても、その通りにきれいに仕上げられるかどうかが大切です。自分で鏡を見ながら見よう見まねでやった結果、もし失敗してしまえば修正にもまた時間がかかってしまいます。

ですので、眉毛の手入れに慣れていない、新しいタイプの眉毛にしたいということであれば、プロに任せるようにしましょう。眉サロンに行けば、これまでに多種多様な眉のお手入れに携わってきたプロがきれいに整えてくれるだけでなく、お客さんに合ったおすすめの眉の形の提案もしてくれます。眉の形は一人ひとり異なり、向き不向きもあるため、眉のお手入れでお悩みの方はまずは一度相談してみるといいでしょう。

就活に向けた眉のセルフケア

就職活動では、短い時間で自分をアピールする必要があります。その際に大きなポイントとなるのが「見た目の印象」。就活中の方は、基本的な身だしなみには気を使っているはずです。しかし、顔の印象を決める「眉毛」については、意外に気にしていない人もいるのではないでしょうか。ここでは、就活の準備として、自分でできる眉毛の整え方について紹介していきます。

1:コームで整える

まず、コーム(くし)で眉毛の流れを整えます。その際、眉毛専用に作られているコームを使用してください。目の細かい眉毛専用コームなら、きれいな流れを作れるからでする毛の流れを整えるから、どこにどんな長さの毛があるのかがわかり、その後の手入れがやりやすくなります。

眉毛専用コームは、就活の直前にささっと眉を整えるのにも便利です。

2:形を決めて下書きをする

眉毛を整える際、慣れない人がやりがちなのが、いきなりカミソリなどで剃ってしまうパターン。どこをどのくらいそるのかの目算を立てずにいきなりカミソリを入れてしまうと、やり過ぎてしまって取り返しがつかなくなることも。眉毛をカミソリで整えるときは、いきなりやるのではなく、いったんアイブロウでどんな形にするかを書いてみましょう。そった後の眉毛の輪郭イメージがはっきりイメージできてからカミソリを手にしても遅くはありません。

3:余分な毛をカットする

コームで流れを整え、アイブロウで理想の眉毛の輪郭をハッキリさせたら、ハサミなどで少しずつ長すぎる毛をカットしていきます。抜いたり剃ったりして処理をしていくのもアリです。自分にとって整えやすいやり方で問題ありません。ポイントは「少しずつ整えていく」ことです。やりすぎると元に戻せないので、焦らず丁寧に整えていきましょう。

4:眉毛が足りない部分にエクステンションする

理想としている眉の形に対して、明らかに毛の生えていない箇所がある際におすすめなのがエクステンションです。ただ、エクステンションは自分でやるのは難しい高等テクニック。ひとりで悪戦苦闘した挙句に失敗してしまうリスクを考えると、最初から眉サロンで対応してもらうのが無難と言えます。

さらにおすすめ!就活時の眉メイク!

就職活動時には、眉毛にメイクを施すのも有効。相手に与える印象がぐっと良くなります。特に営業系の会社の場合は身だしなみに気を使う姿勢が採用担当に好印象を与えることも。眉メイクのポイントは「ちょうど良さ」です。専用の道具を正しく使い、適度なメイクで就活に臨んでください。

メンズの眉メイクで使用するアイテム

アイブロウペンシル

アイブロウペンシルは、眉毛を描くのに使う専用のペン。眉毛のラインをしっかりと出したいときには便利なメイク道具です。毛の量が薄い部分をペンで補完できるため、濃さを均等にしていくことができます。

眉頭から眉尻にかけて、毛の量が薄い部分に優しくアイブロウペンシルをあてていくのがコツ。アイブロウブラシで途中の部分をぼかしながら描いていくようにすると、柔らかく自然な仕上がりになります。

アイブロウパウダー

アイブロウパウダーは、眉毛の濃さ補えるパウダーです。特に、眉尻に濃さを出したい場合にはアイブロウパウダーを乗せてあげるだけでカンタンに調節できます。

アイブロウリキッド

アイブロウリキッドは眉毛を描く道具の一つ。毛の流れと同じ方に向けて、液体状のリキッドで優しく1本1本描いていきます。きれいな眉毛の流れが作れるアイテムです。

眉のケアで就活写真を映えさせる

眉の手入れは就活用の写真を撮る際にもやっておきたいところ。眉をしっかり整えておくと写真の映りが良くなります。書類に目を通す採用担当者へのアピールになるかもしれません。就活前の身だしなみにおいては、眉毛のカットやメイクもおすすめです。

眉毛のメイクに関しては、まずは余分な眉毛をカットするところから始めます。不要な毛をカットし終えたら、眉毛をしっかりと描き、形を整頓。眉毛の濃さはパウダーやアイブロウペンシルで微調整します。均等で、左右対称な眉毛になるよう意識しましょう。

もし自分でメイクするのに不安があるなら、眉専門のサロンへ足を運んで、お店でどんな眉毛がいいかを相談します。プロのアドバイスで、思わぬ効果が得られるかもしれません。

               

目元の印象を決める眉は、ケアを失敗できない重要なパーツ。メンズ眉サロンを見極めるために、インスタグラムのフォロワー数が多いサロンを調査しました。

       メンズ眉サロンの
インスタグラムの
フォロワー数
ランキングを見る