メンズ眉サロンでちょいダサ夫をイケダンに変えたい妻に向けたサイト

営業時におすすめの眉デザイン

外回りをすることもある営業マン。取引先に失礼のないよう、服装はもちろん、髪型や髭など身だしなみに気を付けることはビジネスマンとしての基本です。
しかし、眉毛まで意識してケアできている方はそれほど多くないのではないでしょうか。

眉毛は、相手に与える印象を大きく左右する重要なパーツ。自分の顔の特徴や与えたい印象に合わせて、最適な眉の形にお手入れすることをおすすめします。
ここでは、営業マンやビジネスマンにおすすめの眉デザインについて紹介していきます。

営業で好印象を与える眉デザイン

薄めアーチ型

薄めのアーチ型眉は、20代前半〜30代前半の若い営業マンにおすすめの眉デザイン。目の形と同じようにアーチを描く眉の形で、眉尻までしっかりと長さを保つことで、クールで爽やかな印象になります。若い営業マンは、爽やかなフレッシュさも武器の一つ。薄めと言っても細くしすぎると怖い印象になってしまうため、適度な太さに仕上げることが大切です。

太めアーチ型

太めアーチ型の眉毛は、相手にかっちりとした頼もしい印象を与えます。銀行員や公務員などのお堅い職業の方におすすめですが、営業マンでも、保険や高額商品など、扱う商材によってはこのような眉毛にしたほうが、相手に堅実さと安心感を与えられるでしょう。

薄め上がり眉

薄めの上がり眉は、若々しくキリッとした、男らしく凛々しい印象を感じさせます。弱々しい印象では、取引先に「この人大丈夫かな?」と不安を抱かせてしまいかねません。なかなか真剣に話を聞いてもらえなかったり、相手に圧力で押されてしまっているなと感じている方は、このような眉毛にしてみてもいいかもしれませんね。

濃いめ上がり眉

濃い目の太い上がり眉は、知的な印象を相手に与えることにつながります。また、ヒゲを生やして整えることで大人っぽい渋さも演出できます。個性的なオーラを生み出すことにもつながり、イメージチェンジにもなるかもしれませんね。

への字型眉

への字型眉毛は、眉山が一番高く、眉尻が細いという形。眉毛の角度を作ることで表情が引き締まり、シャープな印象を与えつつ、眉毛の濃さも十分にあるため、大人っぽい印象を作り出せます。目鼻立ちをスッキリとさせ、大人っぽい印象を与えたい方におすすめの眉毛となっています。

困ったらプロに任せる!

眉毛の形にもさまざまな種類があることがお分かりいただけたでしょうか。ただ、これらを自分一人で何とかしようと思っても、理想的な眉の形に仕上げることは、慣れていないと難しいでしょう。

そんなときにおすすめなのが、眉サロンでプロの手で仕上げてもらうこと。眉サロンのスタッフは、これまでに数々の眉を手入れしてきたプロ。技術面はもちろん、お客さん一人ひとりのイメージや顔に合った眉毛を提案してくれます。自分にはどのような眉毛が似合うのか分からないときは、一度プロに相談してみるといいでしょう。

営業マンが眉を整えるときははここに注目!

営業マンの中でもトップと呼ばれる実績を残している人の多くは身だしなみにも非常に気を使っているもの。服装などはもちろん、顔の印象を大きく左右する眉毛についても細かくケアしておくのが大切です。

トップ営業マンが眉毛の形で着目するのは、大きく分けて「ライン」「太さ」「長さ」の3つ。3つのポイントについて紹介していきます。

ライン

眉毛のラインはアーチ状の曲線的なものだと、相手に柔らかい印象を与えます。一方で、きりっとした印象を相手に与えたいなら直線的な眉毛がおすすめ。眉毛の角度に関しては、水平だと優しい印象となり、角度がついていると意志が強い印象になります。テレビに出ているタレントさんを見てみるると、眉毛にもいろいろな特徴をつけているのが確認できるはず。眉毛のラインと受ける印象との関係性が学べます。

営業マンなら、相手に「頼りがいがある」「しっかりしている」といった印象を与えたいところ。そのために有効なのが直線的な眉毛です。眉毛を整える場合は、一直線にキリッとさせた眉毛にしてみるようにしましょう。

太さ

眉毛の太さも相手に与える印象を大きく変えるポイントです。若くてオシャレに気を使っている人が眉を細く整えているのを見たことがあるかもしれません。細い眉毛はおしゃれに見えますが、営業マンの場合にはそれが「チャラさ」につながってしまうことも。「チャラい」と相手に思われてしまうのは営業マンにとってマイナスです。営業マンとして働いている方は眉毛は太めにしておく方のがベター。太い眉毛の方が、相手に落ち着いた印象を与え、安心感につなげられるからです。

長さ

眉毛の長さは相手に与える印象を大きく変えます。眉毛が短いと幼い印象を与えがち。信頼を得たい営業マンからすると、眉毛は長めに整えておいたほうが無難と言えます。

眉と一緒に身だしなみも整える

営業マンの身だしなみは眉毛だけを整えて終わりではありません。眉以外の部分も含め、自分のイメージをトータルコーディネートする意識が大切。きちんとした格好をすることで、相手に清潔感や好印象を持ってもらえます。

顔周り

眉毛は顔の一部です。顔全体をバランスよく整えておくことで、第一印象をよくできます。「ヒゲしっかりそる」「顔を丁寧に洗う」など、営業先への訪問前にやれることはしっかりとやっておきましょう。

メンズ眉サロンの中には、ヒゲの処理や顔の皮脂洗浄などの、フェイシャルケアを眉のお手入れと合わせてやってくれるところもあります。眉サロンに通う際には、一緒にお願いしてみてはいかがでしょう。

髪型

印象が重要な営業職にあっては髪型も気を使いたいところ。長くボサボサで整っていない髪型だと、相手に不潔な印象を与えてしまいます。短く整え、整髪料などでしっかりと形を作りましょう。最先端のオシャレな髪型にする必要はありません。大事なのはなによりも清潔感です。

靴は対面した相手から意外と見られている箇所です。いくら服装や髪型が整っていても、靴がボロボロだと相手に不快な印象を与えてしまいます。玄関先で靴を脱ぐような場面があならなおさらです。靴にはある程度お金をかけるようにしましょう。また、普段から革のケアしておくのもポイントです。

営業マンは書類をよく取り扱う仕事です。書類を見せるとき、相手の視線は指先に行きます。爪が伸びて汚れていたりボロボロだったりなど、爪のケアを怠っていると相手に不快感を与えかねません。毎日のケアをおこたらないようにしましょう。

スーツ・シャツ

スーツやシャツは、営業マンにとっての戦闘服です。それがみすぼらしいものだと、対面する相手は「やる気がないのか?」と不信感を抱いてしまいます。スーツ・シャツは高級なものでなくても構いません。必要なのは清潔感です。クリーニングに小まめに出して、常にパリッとしたものを身につけましょう。

まとめ

身だしなみを整える中で、眉毛は相手の印象を左右する重要なポイントのひとつ。しかも自分で整えるのがなかなか難しい、繊細な箇所です。セルフケアの経験がなく、自分でうまく整える自信がない方は、まずは眉サロンに行って相談してみるのをおすすめします。

               

目元の印象を決める眉は、ケアを失敗できない重要なパーツ。メンズ眉サロンを見極めるために、インスタグラムのフォロワー数が多いサロンを調査しました。

       メンズ眉サロンの
インスタグラムの
フォロワー数
ランキングを見る